カビ対策は片付けから-いらないものを処分-

部屋を綺麗に掃除する事でよりカビ対策にもなります。
1.要、不要に分ける。
自分なりの基準を設けてておくといいでしょう。例えば、衣類なら3年以上規定ない物は処分する。そこに入りきらない物は処分するなど。日ごろから片付けの事ばかり考えて暮らすのは大変。チェック日を設けて、ときどき整理してみてはいかが?

2.不用品はおもいきって処分。
この先、自分はつかいそうもないけどまだ使用できそうな物はりさいくるショップに持ち込んだり、フリーマーケットを開いて換金するのも手。買った金額の10分の1以下で売らなければならないこともあり、ショックをうけることも・・・。
これで衝動買いも少なくなるでしょう。

入浴後には熱いシャワー


カビ対策は片付けから-家の中のものを分類-

家の中の物の置き場を決めます。混ざり合ったものを、内容別に分けます。
洗面所、台所、子供部屋・・・など。
分類方法は引き出しの中など小さいところからスタート。そして、たんす、部屋全体と順番に広げながら物を集めていく。こうして集めた物の行き先は、その部屋が何をする部屋なのかを決めれば、だいたいわかってきます。 

カビ対策は片付けから-収納場所や位置-

例えば、キッチンの収納の場合、つり戸棚、シンク下、ガス台下があります。それぞれの場所にものを置いていくのですが、その時に気をつけるのが使用頻度と重さ。 よく使うものは、取り出しやすいところにおきます。そして軽いものは上、重いものは下へ。