お風呂場のカビ対策

浴室はカビの発生しやすい場所です。湿っているために髪の毛や 垢など、カビの栄養となってしまうものが多くあるのが原因です。 換気扇はもちろん、窓があれば開けっ放しにして温度・湿度を 下げましょう。入浴後には熱いシャワーで浴室全体をさっと流し あとで、カビの好まない温度まで冷水をかけて温度を下げましょう。 可能であれば使い終わったバスタオルなどで軽く壁面の水分を拭き取って おくとさらに効果的です。

入浴後には熱いシャワー


下駄箱のカビ対策

まずは下駄箱だけではなく、靴も含めた両方からのカビ対策が 大事なことを知っておいてください。履いた後の靴には汗によって 多くの湿気を含むためカビが発生しやすく、とくに雨の日などは大量の 湿気を含んでいるので、そのまま下駄箱へしまうのは絶対にNGです。 通気の良い場所に置くなど、湿気を飛ばしてからしまったり、新聞紙を 丸めたものを靴の中に詰めるのも良いでしょう。 たまには拭き掃除をするなどして、下駄箱をきれいに保つことも大事。 その際には下駄箱の扉を開放して、換気をするようにしましょう。 拭き掃除後の湿気によるカビを防ぐことができます。

洗濯物の室内干し

洗い終わったらできるだけすぐに洗濯機から取り出します。そして なるべく洗濯物を離すように干し、全体に当たるように扇風機で風を 送ると、早く乾かす事ができます。除湿器があればさらに効果的。 室内に放出された湿気によって高くなってしまった湿度を、除湿器が 取り除いてくれます。

扇風機で風を送る