梅雨の湿気防止のサイト紹介

梅雨ってジメジメして本当にうっとうしい!時期ですよね。憂鬱になるし。 だけどここで紹介させてもらったような対策をしっかりすればスカッと 乗り切れるはず! 梅雨を快適に過ごしちゃいましょう。 とはいえ、クセっ毛のわたしは髪の梅雨対策を調べ中・・・・近いうちに 改めて更新する予定ですので、引き続きよろしくお願いしますね! あ、それと憂鬱な梅雨をふっとばす「梅雨対策レシピ」なんかも 勉強中だったりします。乞うご期待!


管理人

似顔絵・名前:西田美穂
・性別:女 ・年齢:30代
・住所:〒690-0888 島根県松江市北堀町●●●
・電話番号:後ほど
・メールアドレス:mi1980j@gmail.com
(「アット」を半角「@」に変更してください。*迷惑メール対策のためです。)
・趣味:読書 最近のハマっている本はフランソワーズサガンの"悲しみよこんにちは"です。文学作品をあまり読まないのに有名なタイトルに惹かれてふと手にした一冊。フランソワーズサガンの18歳の処女作で世界的ベストセラーになった素晴らしい本。サガンの独特なきれいな表現や世界が映画のように想像でき様々な感情の揺れの描写が素晴らしい。17歳の美しく繊細な少女のあらゆる感情は知っているがまだ悲しみを知らない。そんな少女が最後に悲しみという悲痛を受け入れる。少女らしさを漂わせるストーリーです。ご存知のない方はぜひ読んでみてください。

日記(独り言)

<11/27 修行 〜板殴り〜>
これは、空手の修行などで見られる巻きわら修行に似ています。 決定的に違うところは、中学生にはまきわらをつくるという作業が困難であるため、 単に板を地面にさしこんでそれをたたきつづけるというところです。 これは、実際に拳を板にあてるという、修行感がたっぷりと演出されるため、 多くの中学生男子が行う修行です。 しかし、拳を痛めるという実質的被害が出るため、 1日で挫折する男子も多いはずです。 最初の痛い時期を超えれば、次第に痛みは快感へと変わり、 修行をしている自分がかっこよく思えてきます。 しかし、この感情のことは秘密にしておかなくてはなりません。 ひとたびその事実がしられてしまうと、変人奇人扱いされ、 話す時も一定の距離をあけられてしまいます。 それを避けるためにも、板殴りを行うのは、夜中がおすすめです。 夜というシチュエーションも、修行している感の演出力アップに効果的です。 欠点としては、夜な夜な板を殴っているということが ご近所で噂になってしまうことです。 板を殴る音は完全に消しさることはできない為、 隣の家のおばちゃんに見つかってしまうと一巻の終わりです。 また、親からも心配されます。 夜な夜な板を殴る中学生の息子がいれば、心配するのは当然です。 あまり、心配をかけないようにしましょう。


<11/19>
道後温泉とは、愛媛県松山市というところに所在する温泉です。 道後温泉は、夏目漱石の「坊っちゃん」という小説に登場することで有名ですが、 その泉質もすぐれているため、全国各地からの温泉ファンが押しかけてくるという温泉です。 道後温泉の周りは、風情ある街並みで、人力車が街案内をし、小説「坊っちゃん」にちなんだ、 マドンナ、赤シャツなど明治を彷彿とさせる扮装をした方々が記念撮影にも応じてくれます。 道後温泉の良さは、やはりその雰囲気の良さです。 入口ののれんから風情のあるもので、脱衣所も広く木製のロッカーも雰囲気満点です。 浴場は、大浴場が二つにシャワーが周りに設置されているというシンプルなものですが、 とにかくお湯が熱いです。 そして、深いです。 どんなに身長が高い人でも、座って入浴しようとすれば、完全に頭が沈んでしまうと思います。 そのため、入浴客は浴場のへりの部分にもたれるか、浴場内をうろうろとしています。 これは、十年以上前に行ったときの記憶ですので、今はどのようになっているかも分かりませんが、 多分このような感じだったと思います。 街並みもどのようになっているか、また行ってみたいです。 雰囲気がよかったというのは鮮明に覚えています。 印象に残る温泉です。
さて雑談ここまで。 誰もが悩む湿気対策についてご紹介いたします。